医学部予備校選び
予備校の成果

医学部受験に向け比較して予備校を選ぶことに

医学部の受験を考えていたので、予備校に通うのは必須でした。

中には自分で勉強をして合格をする人もいることでしょうが、割合としてはごく僅かで大半の人は誰かに教えてもらわないと早々合格するようなものではないと思っていました。 何度でもチャンスが有るのであれば、そのようなやり方も良いのかもしれませんが自分の中では一発勝負のつもりでしたから失敗は許されないと考えていました。

確かにお金のかかることではありますが、失敗をして浪人をすることになったら結局余計に時間もお金もかかるわけですから、万全の準備をするためには予備校は欠かすことが出来ないと考えていたのです。 しかし、どこでも良いというわけではなくて指導力のあるところに通わないと全く意味がありませんから、とりあえず評判などを参考に長所と短所を比較して更には体験教室を利用して実際の指導の感じを体験してみて通う場所を決めることにしました。 実際に体験教室に行ってみるとどこもそれほど大きな差がないという感じで、決めにくかったのですが一番通いやすい場所にあったところが自分の足りないところに丁度あっていて、逆に短所となるような部分は自分でカバーをすることができそうなところだったので、一番近いところにすることにしたのです。

近いと言っても他の場所もそれほど距離が変わるわけでも時間が変わるわけでもありませんでしたから、あまり気になるところでもなかったのですがそれでも15分から20分は変わるので、結果的にこの分時間に余裕ができたというのも後から考えると結構大きかったように感じます。


リンク集
医学部予備校
予備校選び